徹底比較!独自ドメインのWordPressブログVS無料ブログ | 真面目に遊んで生きてくレシピ

徹底比較!独自ドメインのWordPressブログVS無料ブログ

天秤 テキスト「徹底比較!WordPressブログVS無料ブログ」

「WordPressを使ってブログを作るのと、無料ブログサービスを使ってブログを作るのって、どっちがいいの?」

現在では、ブログの作り方は山のように紹介されているため、いざ始めようとしたとき、この2択で迷う人は多いと思います。

実際、僕もかなり悩みました。

その悩みをスッキリ解決する方法は、WordPressを使った有料ブログと無料ブログサービスを徹底比較することです。

有料ブログと無料ブログ、それぞれのメリット&デメリットを知れば意外と簡単に決められてしまうので、すぐにブログを始めることができますよ。

スポンサーリンク

無料ブログのメリット

まずは、無料ブログのメリットから見ていきましょう。

ブログの運営に一切費用がかからない

無料ブログサービスの1番大きなメリットです。

サーバーとドメインはブログサービスの運営会社のものを借りるので、ブログ運営費用は一切必要ありません(一部有料サービスは除く)。

ブログ開設が超簡単

どれくらい簡単なのか、実際にやってみました。

名前やメールアドレスなどの必要情報を入力するだけなので、ブログ開設までの所要時間は3分。

文字通り、超簡単でした。

ブログ開設初期にアクセスを集めやすい

無料ブログの場合、すでにブログ運営会社のドメインパワーの恩恵を受けるため、特にブログ開設初期のSEOに強いです。

ドメインとは?

ドメインを簡単に解説すると、Webサイトを識別するURLのことで、つまり簡単に言うとインターネット上の住所

同じ住所が2つも3つもあったら困るように、このドメインは世界にひとつだけのもの、オンリーワンなのです。

当ブログのドメインは、

http://donzu.net
↑のピンクの部分がサイトURL

ですが、この「donzu.net」というURLを打ち込むことで、世界中の誰がどこからアクセスしても当ブログが表示されるわけですね。

無料ブログサービスはドメインパワーがすでにある

無料ブログサービスでは、ドメインは運営会社のものを借りる形になります。

例えば、アメーバブログでのドメインは

https://ameblo.jp/donzunet/
↑上のピンクの部分がアメブロを使ったときのサイトURL

という風になり、「ameblo.jp」という有名企業のドメインが自分のブログのドメインに含まれることになります。

それはつまり、ブログを開設してすぐだとしても、あなたの書いた記事が検索上位に表示される可能性が高まるということです。

さらに、無料ブログサービスならではの特徴、横のつながり。

コミュニティなどのツールを使うことで、ブログ開設初期のアクセスアップを手助けしてくれます。

無料ブログのデメリット

たくさんのメリットがある無料ブログですが、一方のデメリットはどんなものがあるのでしょうか。

無料ブログサービスが終了するとサイトも同時に終了

無料ブログサービスで作るブログは、あくまでも運営会社があるから存在できるのです。

ですから、運営会社がサービスを停止してしまうと、当然ブログを続けることはできませんし、それまで使っていたドメインは抹消されることになります。

もしアフィリエイトなどで何年も使っていた場合、相当なダメージになってしまいますね。

先ほどお話しした通り、例えばアメーバブログの場合だと

https://ameblo.jp/donzunet/

↑サイトURLはこうなるわけですから、無料ブログ運営会社とユーザーは、何かあっても逃れることのできないまさに運命共同体なのです。

規約違反があるとみなされればすべて削除される

無料で利用できる反面、各運営会社には規約があり、利用者はその規約に沿ったサイト作りをしなければいけません。

自分では違反した覚えがなくても、「規約違反があった」と言われればそこで試合終了。

サッカーでは主審の言うことは絶対のように、無料ブログでは運営会社の言うことは絶対、逆らうことはできません。

サイトが広告だらけになる

アフィリエイトなど、ブログで収益化を目指す人には大きなデメリットです。

無料ブログサービスでは、無料で使えるかわりに広告が設置されます。

つまり、自分の意思とは無関係に、勝手に広告が貼られるということですね。

無料ブログでアフィリエイトをする場合だと、「運営側が貼る広告+自分で貼る広告」が混在するブログとなるため、結果広告だらけのブログが出来上がります。

特に2018年現在、個人レベルのブログ訪問者の大半はスマホからです。

スマホ表示時の広告収入は貴重な財源ですが、運営会社もそのあたりは当然心得ているので、ここぞとばかりに広告を表示させます。

しかし、スマホで見ているときに上から下から沸いてくる広告、ウザいですよね?

どんなに良質な記事を書いたとしても、読者の離脱は増えてしまうでしょう。

ちなみに、広告を表示させないようにお金を払って解除することもできますが、アメブロだと毎月1008円(税込み)かかります。

広告の表示・非表示はすべて自分次第のWordPressブログだと月385円(税込み)。

広告外すだけで1008円もかかり、広告以外の無料ブログのデメリットは残ったままなのですから、費用対効果、コスパが悪すぎますね。

有料のWordPressブログのメリット

では、ここからはWordPressでブログを作るときのメリットを見ていきます。

テーマ(テンプレート)が豊富

一般的なブログだとテンプレートと呼ばれていますが、WordPressではブログの着せ替えが簡単にできるテーマシステムが用意されています。

ただ、WordPressのテーマ変更においては、各テーマに備わっている機能に違いがあるため、単純にブログのデザインを変える着せ替え以上の価値があります。

無料、有料、日本製、海外製と、用意されているテーマは数千におよび、選択肢は尽きません。

無数のプラグインが無料で使える

プラグインとは、WordPressの拡張機能です。

専門知識がないブログ初心者だとしても、運営しているサイトのテーマや好みに合わせて自由に機能を追加することができます。

もし無料ブログでこのプラグインのような機能を追加しようとなると、サイト構築の専門知識が必要になってしまうため、ブログ初心者には手が出せないエリアです。

長期的なSEOに強い

ブログのアクセスを集めたい場合、まず検索エンジンにインデックスされなければいけません。

SEO対策はそのために行うものですが、現在の検索エンジンの主流はご存知Google検索。

その開発部門の責任者の一人であるMatt Cutts(マットカッツ)氏は、「WordPressを使うことはSEOに効果的である」と公言しています。

記事の投稿・更新が簡単にできる

まず、アメーバブログの投稿画面を見てください。

アメーバブログの記事投稿画面

次にWordPressの投稿画面。

WordPress記事投稿画面

かなり似てませんか!?

WordPressの投稿画面には、「テキストモード」「ビジュアルモード」の2つあります。

テキストモード→HTMLエディタ

テキストモードは、HTMLタグを自分で入力して本文を装飾していく、いわゆる従来の入力形式です。

ビジュアルモード→見た目にわかりやすく直観的に編集できるエディタ

ビジュアルモードは、HTMLの記述が自動で行われるため、無料ブログサービスのように簡単に本文を書くことができます。

つまり、直感的に文字を入力したり改行したり装飾したりできるので、無料ブログを使ったことがある人ならすぐに使いこなせるというメリットがありますね。

さらに、WordPressの投稿画面では、プラグインを使うことで、上に並んでいるツールバーを自由にカスタマイズすることも可能なため、使い勝手を大幅に高めることができます。

独自ドメインを取得するため規約違反におびえる必要がない

今日からはじめる!ロリポップ(lolipop)サーバー申し込み方法」という記事でも少し触れましたが、WordPressでブログを作るときは大抵独自ドメインを取得します。

その理由は以下の3つです。

自分が運営者になるので、自由にサイトを構築できる

先ほどお話しした通り、ドメインは世界で一つだけのオンリーワンのものなので、そのドメインをどう使うかは運営者次第。

独自ドメインを取得するということは、無料ブログのように規約違反におびえる必要がないので、自由にサイトを構築することができます。

更新料さえ払っていればサイトが閉鎖されることはない

独自ドメインを取得してサイトを運営するとき必要なのは、「サイトURLのドメイン+サイトのデータを管理するサーバー」の2つです。

無料ブログとは違い、その2つの更新料さえ払っていれば、サイトが閉鎖されることはありません。

サーバーが変わってもドメインはそのまま使える

当ブログが現在利用しているのはロリポップですが、サーバー会社は他にもたくさんあり、万が一ロリポップが運営停止になったとしても、サーバーを変えればサイトはそのまま継続して運営できます。

その際、独自ドメインを利用していれば、サーバーが変わったとしてもドメインはそのまま引き継げるため、新たに取得しなおす必要はありません。

つまり、それまで築き上げたドメインパワーを継続させることができます。

有料のWordPressブログのデメリット

では最後に、WordPressでブログを作るときのデメリットをご紹介しましょう。

ブログ開設に費用がかかる

WordPressでブログを作るときの1番のデメリットは、やはり費用がかかることです。

当ブログは、格安レンタルサーバーのロリポップで運営していますが、それでもドメイン代を含めると1年目は月441円2年目は月385円という維持費用がかかっています。

無料ブログと比べ、開設まで時間がかかる

先ほど実際にやってみた通り、ブログの開設を3分でできた無料ブログサービスと比べれば、WordPressでブログを開設するには3つの手順を踏まなければならないため、移動中にスマホでサクッと済ませるというわけにはいきません。

ブログ開設初期のSEOに弱い

最初の1ヶ月、2ヶ月、あるいは3ヶ月、アクセスは全然増えません。(僕も体験済み)

ただ、あらかじめそのことは調べて知っていたので、開設からしばらくはアクセスが増えなくて当たり前だと割り切って始めたこともあり、あまり気になりませんでした。

どちらを選ぶのか、すべてはあなた次第?

結論を言います。

どちらを選ぶかは、ブログをどういう目的で使おうとしているのか、それ次第です。

もしあなたが、

  • アクセスなんて気にしない!
  • 長く続けようなんて思ってない!

と考えているならば、手軽に始めれられる無料ブログサービス。

もしあなたが、

  • 収益化を考えている
  • 自由に情報を発信したい

と考えているならば、WordPressでブログを作りましょう。

ハッキリ言いますが、アフィリエイトなどで収益化を考えているならば、無料ブログサービスはリスクだらけです。

  • 規約に縛られる→規約違反におびえながら記事を書く
  • 広告が勝手に貼られる→広告だらけで収益は半減
  • ドメインは運営会社からの借り物→サービス停止=ブログも閉鎖

一方、独自ドメインを取得してWordPressでブログをする場合、

  • 規約に縛られない→自由に記事が書ける
  • 広告が勝手に貼られない→広告収入はすべて自分の利益になる
  • 世界のWebサイトの4/1はWordPress→参考になるサイトが多い

そしてなんと言っても1番重要なのは、独自ドメインを取得することによって、インターネット上の住所が確保され、オンリーワンの所有権を得られるということです。

「今日○○ちゃんと一緒に、○○のスウィーツ食べに行ったよー。」なんて報告をしたいのであれば、無料ブログやSNSで充分です。

WordPressでブログを始めるということは、将来のあなたの資産になるかもしれない土台を作るということなのです。

あなたがもし、将来に不安を抱えているとか、今の生活にゆとりが欲しいと感じ、収益化を見込んでブログを始めようと思っているのであれば、無料ブログサービスを使うのは絶対にやめてください。

まとめ

メリットはデメリットの裏返しなので、基本的な考えとしては、無料にはないメリットを持っているのがWordPressブログ、有料にはないメリットを持っているのが無料ブログサービスということですね。

要点をまとめます。

  • 日記や近況報告など、SNSのような使い方をするのであれば無料ブログ
  • 収益化を見据えたWebサイトを作りたいのであればWordPressブログ

なお、この記事は「独自ドメインを取得してWordPressブログをしよう!」とすすめるためのものではありません。

あなたがどういう目的でブログを始めようとしているのか、この記事がその答えの手助けになるよう執筆した次第です。

あなたにとって最善の選択ができることを願いつつ、擱筆させていただきます。

WordPressでブログを始める3つの手順は、こちら↓を参考にしてください。

WordPressでブログを始めるために必要な3つの手順を紹介しています。ブログ初心者や未経験者が心配な運営費用を抑えた方法を、当ブログが実践しているリアルタイムの経験をもとに詳しく解説しています。
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

フォローする