5分で完了!DVDStyler・メニューなしの設定を画像付きで解説 | 真面目に遊んで生きてくレシピ

5分で完了!DVDStyler・メニューなしの設定を画像付きで解説

画像が飛び出すパソコンとテキスト「5分で完了!DVDStyler・メニューなしの設定を画像付きで解説」

どうも、お気楽動画エディターのゆんずです。

今回は、フリーのオーサリングソフト「DVDStyler」の、メニューなしの設定をしていきたいと思います。

前回「10分で完了!DVDStyler・メニューありの設定を画像付きで解説」はメニューありでしたが、今回はメニューなしの設定です。

というのも、前回の「メニューあり」の場合、家で見る分には特に気にしなかったのですが、車で見るときに限っては、

  1. プレイヤーにDVDを入れる。
  2. メニューが表示される。
  3. 1番上のボタンを押す。
  4. タイトルすべてが再生され、メニューに戻る。

という一連の動作において、メニューがむしろ邪魔だと感じたためです。

最近のナビだったりプレイヤーは、ほとんどがタッチパネルで操作するので、ナビの小さな画面ではメニューが見づらいし、特に走行中であれば余計に操作しづらいですからね。

であれば、CDと同じように、ディスクを入れたら自動的にタイトルが再生され、すべて再生し終わったらまた最初から再生をひたすら繰り返す。

の方が単純でいいかなと。

ということで、DVDStylerのメニューなしの設定を画像とともに解説していきます。

スポンサーリンク

準備

求める動作

  1. プレイヤーにDVDを入れる
  2. 自動的にタイトルすべてを再生、それを延々と繰り返す(ループ再生)

以上です。

つまり、DVDを入れたら勝手に再生するだけの超シンプルな構成です。

必要な素材

今回必要になる素材は、DVDにしたいMP4などの動画ファイルのみです。

動作確認に使用した機材

前回同様、今回きちんと動作確認ができた機材は、

  • ごくごく一般的なソニーのブルーレイレコーダー
  • ごくごく一般的なトヨタのカーナビ
  • ソニーのPlayStation3

です。

DVDStylerでオーサリングするための設定方法

プロジェクトを新規で作成する

まずはオーサリングを開始するため、新規でプロジェクトを立ち上げましょう。

DVDStylerを起動。

dvdstyler01

DVDStylerを起動すると、プロジェクトを立ち上げるウィンドウが開きます。

この画面が出ないときは、DVDStyler設定画面のメニューバー1番左にある「ファイル」→「新規」をクリックすると設定ウィンドウが現われます。

各項目は以下のように設定します。

  • ディスクラベル:任意のラベル名を入力
  • ディスク容量:DVD-5(4.7GB)
  • 映像のビットレート:自動
  • 音声のビットレート:128GB(デフォルト)
  • タイトルの既定のポストコマンド:次のタイトルを再生

映像形式、横縦比、音声形式はデフォルトのままです。

設定が済んだら「OK」をクリック。

メニュー用テンプレートの選択

dvdstyler03

今回はメニューなしのため、テンプレートは必要ありません。

ということで、「テンプレートを使わない」をクリック。

DVDの構造設定

dvdstyler04

ここから、DVDの構造を設定していきます。

  • 左下「VMGM メニュー1」を削除
  • 「追加」→「メニュー」でメニュー1を配置
  • 赤枠のエリアに、ドラッグ&ドロップで動画ファイルを放り込む
  • 動画をドラッグして再生したい順番に並べる

dvdstyler07

上記の手順を済ませるとこんな感じになります。

設定画面下部の赤枠の部分が、DVDに記録できる時間の目安です。

構造設定は以上で完了です。

メニュー設定

DVDStylerの構造上、設定画面ではメニューを設置しますが、DVDの再生時は表示されることはありません。

今回のメニューの役割は、DVDを挿入したとき、タイトル(本編)を自動的に再生するつなぎみたいなものと考えてください。

では、先ほど構造設定で設置した、左下のメニュー1をダブルクリックし、メニュー1のプロパティを開きます。

dvdstyler17

1番下のポスト・コマンドのプルダウンメニューから、「jump title 1;」を選択。

これで、DVDが挿入されると同時に、メニューを飛ばしてタイトル1を再生してくれます。

タイトル設定

次に、先ほど放り込んだタイトルの設定です。

タイトル1をダブルクリックし、タイトル1のプロパティを開きます。

dvdstyler18

1番下のポスト・コマンドが「jump next title;」になっていることを確認。

これと同じように、タイトル2、3、4も同様に設定していきます。

こうすることで、自動的にタイトル1から順番に次のタイトルを再生して、最後のタイトルを再生し終わったら、再びタイトル1から再生してくれるようになります。

つまりループ再生の出来上がりですね。

メニュー設定はこれで完了です。

書き込み設定

最後に、書き込み設定をします。

まずは、DVDStylerのメニュー画面上部にある、二段目の赤い円をクリック。

dvdstyler19

書き込み設定のウィンドウが開きます。

dvdstyler15

上の赤枠「一時保存用ディレクトリ」には、一時保存用に適当なフォルダを指定します。

右の「…」をクリックするとエクスプローラーが開くので、適当なフォルダを選びましょう。

DVDに書き込む際の方式ですが、ISOイメージファイルを利用して焼く方法が簡単だと思うので、下の赤枠「ISOイメージファイルを作成」にチェックして、保存先を指定します。

完成したISOファイルの名前は後から変えられるので、ここではISOファイルをどこに保存するのか、そして保存した場所をきちんと覚えておきましょう。

最後に、左下の「開始」をクリックして、お茶でも飲みならがらできあがりを待つだけです。

無事に処理が完了した画面がこちら。

dvdstyler20

まとめ

以上で無事、オーサリング完了となります。

  • 素材を用意
  • 新規プロジェクトを作成
  • 動画ファイルの取り込み
  • メニューのプロパティ設定
  • タイトルのプロパティ設定
  • 書込み設定

メニューありの場合よりもかなり簡単に設定できるので、車で見るときはもちろん、家で見るときでも、BGM代わりに活躍してくれるはずです。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

フォローする