画像や図形の順序を入れ替える方法・Google図形描画マニュアル | 真面目に遊んで生きてくレシピ

画像や図形の順序を入れ替える方法・Google図形描画マニュアル

重なり合う時計 テキスト「How to change the order」

どうも、お気楽画像エディターのゆんずです。

今回は、シンプルで使いやすい画像加工ツール・Google図形描画にて、画像や図形の重なる順序を入れ替える方法をご紹介します。

Google図形描画の概要(機能など)について、詳しくはこちら↓をご覧ください。

Googleの無料サービス、Google図形描画の機能を紹介をしています。画像の加工や編集が苦手な方でもすぐに使いこなすことができる操作性の高さなどを詳しく解説。
スポンサーリンク

Google図形描画の順序とは?

マイクロソフトオフィスなどとほぼ同じ仕組みですが、Google図形描画では、挿入した順に上に重なっていく形で対象物(画像や図形)がキャンバスに追加されます。

あらかじめ順番を決めて挿入していけば特に問題はないのですが、修正作業を繰り返して完成を目指す加工編集の場面では、対象物の重なり順を入れ替える必要が出てくるでしょう。

そこで、ここから実際に、Google図形描画で画像や図形の重なる順序を入れ替える方法をご紹介していきましょう。

画像&図形を複数用意する

重なり順の解説ですので、まずは対象となる複数の画像もしくは図形を用意しましょう。

今回は、旅館の画像と、立体的な四角形の図形(ベベルというやつ)、それにワードアート「白平・はくべい」を重ねてみます。

旅館→ベベル→白平で読み込ませた場合

Google図形描画 玄関先で出迎える女将と四角形とワードアート・白平

この例では、「旅館→ベベル→白平」の順にキャンバスに読み込ませました。

では、対象物を重ねてみましょう。

やり方は至ってシンプル、ドラッグ&ドロップするだけです。

Google図形描画 玄関先で出迎える女将とベベルと白平

このように、旅館が1番後ろ、その手前にベベル、そして1番手前に白平が表示されました。

白平→ベベル→旅館で読み込ませた場合

では、先ほどとは逆の手順「白平→ベベル→旅館」で読み込ませるとどうなるでしょうか。

Google図形描画 玄関先で出迎える女将

白平が見えなくなってしまいました。

それどころか、ベベルの姿もありません。

これは、先ほどお話ししたように、挿入した順に上に積み重なる形で追加されていくためです。

念のため、旅館の画像を右にズラしてみると…

Google図形描画 玄関先で出迎える女将とベベルに隠れる白平

ベベルと、その背後にチラリと白平の姿が。

こういった状況は、画像の加工をするうえで往々にして起こることだと思います。

対象物の順序を変更する

では、この困った状況を打開するため、対象物の順序を入れ替えてみましょう。

旅館の画像の順序変更

どれから入れ替えても構いませんが、ここではまず旅館の画像から順序を変更してみます。

Google図形描画 対象物の順序入れ替え

まず対象物の旅館の画像にカーソルを合わせて右クリック。

コンテキストメニュー内の「順序」にカーソルを合わせると、上から「最前面へ」「前面へ」「背面へ」「最背面へ」という4つの選択肢が表れます。

この例の場合、最後に読み込んだ旅館の画像が1番手前(前面)にあるので、「最前面へ」「前面へ」という2つの選択肢はグレーアウトして選ぶことはできません。

ということで、旅館の画像は1番奥に表示させたいので「最背面へ」を選択し、旅館を元に戻してみると…

Google図形描画 玄関先で出迎える女将とベベルの背後にある白平

このように、ベベルと白平の背後、つまり最背面に旅館がまわり込みました。

ベベルの順序変更

まだ白平がベベルの背後に隠れているので、次にベベルの順序も変更しましょう。

対象となるベベルにカーソルを合わせ右クリック。

コンテキストメニュー「順序」→「背面へ」を押すと…

Google図形描画 玄関先で出迎える女将とベベルと前に出た白平

ベベルが背後にまわり、ついに白平が1番手前に表示されました。

このようにして画像の順序を入れ替えることによって、後から継ぎはぎ的に追加した対象物だとしても、難なく自分の希望する順序に入れ替えることができますね。

ちなみに、今回例にあげたベベルと白平の色を少し変えてあげると…

Google図形描画 玄関先で出迎える旅館の女将とテキスト白平

このように、旅館の画像と図形を馴染ませることができます。

※注意…この画像の女将は「白平」ではありません。

まとめ

順序の変更方法は、対象物(画像や図形)にカーソルを合わせ右クリック、コンテキストメニュー「順序」の4つの選択肢から入れ替え可能となります。

これで、後から画像を修正する場合や、多くの画像がキャンバス内に重なっている状況だとしても、即座に対応することができますね。

ぜひ活用してみてください。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

フォローする