画像の読み込み&保存方法・Google図形描画マニュアル | 真面目に遊んで生きてくレシピ

画像の読み込み&保存方法・Google図形描画マニュアル

観葉植物の置かれたワーキングスペース テキスト「Loading and saving images Publishing to the web」

どうも、お気楽画像エディターのゆんずです。

今回は、シンプルで操作性の高い画像加工ツール・Google図形描画の基本的な使い方として、画像の読み込みと保存の方法、さらに画像をWebへ公開する方法を合わせてご紹介します。

Google図形描画とは、Googleの提供する無料の画像加工アプリで、オンラインで編集・保存までを完結できるため、非常に使い勝手の良い画像編集ツールです。

まだ使っていない方はぜひ試してみてください。

Google図形描画の概要(機能など)について、詳しくはこちら↓をご覧ください。

Googleの無料サービス、Google図形描画の機能を紹介をしています。画像の加工や編集が苦手な方でもすぐに使いこなすことができる操作性の高さなどを詳しく解説。
スポンサーリンク

画像を読み込む方法

ではまず、画像の読み込み方法からまいりましょう。

方法は2つあります。

ドラッグ&ドロップ

Google図形描画の使い方 画像をドラッグ&ドロップ

  • 読み込ませたいファイルをドラッグ
  • Google図形描画のキャンバスにドロップ

たったこれだけです。

ツールバー内の「挿入」を使う

Google図形描画の使い方 挿入→画像

Google図形描画上部、ツールバー内の「挿入」→「画像」→「パソコンからアップロード」をクリックすると、エクスプローラーが立ち上がります。

Google図形描画の使い方 挿入→画像→パソコンからアップロード

読み込みたい画像を選択→「開く」をクリックで画像の読み込みは完了です。

一応2つの方法をご紹介しましたが、どちらの方法で読み込んでも画像サイズや解像度が変わるわけではないので、ドラッグ&ドロップで読み込む方が簡単で早いのでオススメです。

画像を保存する方法

次は、画像を保存する方法です。

Google図形描画の使い方 ファイル→形式を指定してダウンロード→画像形式選択

ツールバー内「ファイル」→「形式を指定してダウンロード」と進むと、画像の選択メニューが出てくるので、保存したい形式を選択します。

用意されている形式は次の4つです。

  • PDFドキュメント(.PDF)
  • JPEG画像(.jpg)
  • PNG画像(.png)
  • Scalable Vector Graphics(.svg)

PDFドキュメントの特徴

まず1つめはPDFドキュメント。

チラシやパンフレット、カタログなど、印刷物ではおなじみの画像形式です。

JPEG画像の特徴

2つめは、この4つの中では最もスタンダードな画像形式のJPEG。

特に写真に向いており、ファイルサイズも小さくできるため、多くのWebサイトで利用されています。

4つの中で迷ったら、とりあえずこのJPEG形式を選ぶのがオススメです。

PNG画像の特徴

3つめはPNG。

上述のJPEGよりも幅広いカスタマイズに向いている画像形式のため、画像にこだわりを持つWebサイトでは重宝されています。

ただ、その多様性の代償として、ファイルサイズが大きくなってしまうことがネックとなります。

Scalable Vector Graphics・SVG画像の特徴

最後の4つめはSVG。

あまり聞きなれない画像形式ですが、上述の2つとは画像の表現方式が異なるため、画像を拡大しても劣化しないという特徴があります。

ただ、その表現方式の違いから、写真にはあまり向かないといった特徴もあるので、画像形式の知識が豊富な人でなければ、JPEG・PNGのどちらかを選ぶのが無難でしょう。

画像形式を選び保存する

Google図形描画の使い方 ファイル→形式を指定してダウンロード→JPEG

画像形式を選択すると、エクスプローラーが立ち上がります。

  1. 画像の保存先を選択
  2. 保存するファイル名の入力
  3. 保存先&ファイル名が決まったら「保存」をクリック

画像の保存方法としては、このやり方が基本となります。

画像をWebへ公開する方法

最後に、画像をWebへ公開する方法です。

オンラインで画像の加工編集ができるGoogle図形描画とは?」でも解説していますが、画像をWebへ公開することで、多くの人と画像を簡単に共有できるようになります。

Google図形描画の使い方 ファイル→ウェブに公開

ツールバー内「ファイル」→「ウェブに公開」をクリック。

Google図形描画の使い方 ウェブに公開する手順1と2

画像サイズを選択し、「公開」ボタンをクリック。

Google図形描画の使い方 ウェブに公開する手順3

「リンク」「埋め込む」という2つの公開用URLが生成されるので、後はこれをブログなどに貼り付けるだけです。

まとめ

  • 画像の読み込みはドラッグ&ドロップで
  • 保存は4種類から選べる
  • Webへの公開も簡単

いずれの方法もツールバー内から直観的に行うことができるので、ぜひその使い勝手の良さを体験してみてください。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

フォローする