半透明の帯を作る方法・Google図形描画マニュアル | 真面目に遊んで生きてくレシピ

半透明の帯を作る方法・Google図形描画マニュアル

並々と注がれるハチミツ 「translucent belt」

どうも、お気楽画像エディターのゆんずです。

今回は、シンプルで使いやすい画像加工ツール・Google図形描画にて、半透明の帯を作る方法をご紹介します。

Google図形描画の概要(機能などの詳細)についてはこちらをご覧ください。>>>オンラインで画像の加工編集ができるGoogle図形描画とは?

Googleの無料サービス、Google図形描画の機能を紹介をしています。画像の加工や編集が苦手な方でもすぐに使いこなすことができる操作性の高さなどを詳しく解説。
スポンサーリンク

半透明の帯とはなにか

半透明の帯の使い道

最初に、そもそも半透明の帯とは何かということと、その使い道をお話ししておきましょう。

画像の加工の説明なので、何はともあれこちらの画像をご覧ください。

Google図形描画 あずらいのアイキャッチ画像半透明の帯コレクション

これらは、当ブログで半透明の帯を利用したアイキャッチ画像です。

どの画像も同じ構成になっていますが、Google図形描画の順序で説明すると、最背面に写真の画像、その前面に半透明の帯、そして最前面にテキストというのがひとつのパターンで、僕が最も多く使う手法です。

図形を半透明にすればいいだけでは?

Google図形描画には多彩な図形があらかじめ用意されているので、先ほどご紹介したアイキャッチ画像のような半透明の帯を描く場合、長方形の図形を半透明にすればいいじゃないかってことなんですが、Google図形描画の図形には画像のように透明度を変更する項目がないのです。

見かたを変えると、「画像でさえあれば」透明度を自在に変更することができるので、例えば画像の素材を扱っているサイトなどから帯に使えそうな画像を入手しておくことで対応することができます。

しかし、この段階で「図形を半透明にできないくらいの機能性なら他の編集ソフトを使えば?」なんて意見も飛んできそうなところですが、そんな些細なことを気にさせないほど使いやすいのがGoogle図形描画のいいところなので、僕のメインの画像加工アプリケーションは「Google図形描画様」から目移りすることはしばらくないでしょう。

図形を画像として保存しておく方法

ということで、ここからは素材サイトでお気に入りの帯が見つからなかった場合に、じゃあGoogle図形描画で帯の画像を作ってしまえばいいじゃないか的な方法をご紹介します。

これはあくまでも僕のケースですが、帯はなるべくシンプルなものが理想なので、素材サイトだとどうしても装飾が強めの画像が多いため、自分で作る超~質素な帯の方が意外と都合が良かったりもするので、ぜひひとつの参考にでもしてみてください。

帯を作る方法

ではサクッと帯を作ってみましょう。

まずはお好みの適当な形の図形をキャンバスに描きます。

図形の描き方はこちらの記事「図形の色を装飾する方法・Google図形描画マニュアル」をご覧ください。

帯用の画像一覧

僕の利用方法は、まず無難に白い長方形を用意し、その画像をコピーしていく形で黒、オレンジ、赤などの長方形を数種類作っておいて、このようにそれぞれを画像ファイルとしてPCにダウンロードして保管しています。

こうすることで、画像編集のときにすぐ使うことができるようになりますからね。

ファイルの保存方法はこちらの記事「画像の読み込み&保存方法・Google図形描画マニュアル」を参考にしてください。

半透明にする方法

では本題となる、半透明にする手順をご紹介しましょう。

先ほど保存した帯用の画像をキャンバスに読み込みます。

帯用の画像の透明度を調整

この段階では図形と見た目は変わりませんが、ツールバー「書式設定オプション」→「調整」と進むと、「透明度」という項目が現れるので、その四角いマークをスライドさせると…

帯用の画像の透明度を調整後

半透明にすることができます。

ちなみに上の画像は、透明度50%です。

このように、図形だと半透明にはできませんが、一旦画像として保存することによって、透明度を調整できる図形を作ることが可能になるのです。

まとめ

Google図形描画では、

  • 図形を半透明にできない
  • 画像は半透明にできる
  • 図形を画像として一旦保存することで半透明の帯を作れる

ちょっとひと手間増えますが、それを補って余りあるほどの使い勝手の良さを兼ね備えているのがGoogle図形描画の特長ですので、ぜひこの記事を参考に画像編集の可能性を拡げてください。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

フォローする