画像や図形などのサイズ変更・Google図形描画マニュアル | 真面目に遊んで生きてくレシピ

画像や図形などのサイズ変更・Google図形描画マニュアル

サイズの異なるコンバースのスニーカー テキスト「How to resize」

どうも、お気楽画像エディターのゆんずです。

今回は、シンプルで操作性の高い画像加工ツール・Google図形描画の基本的な使い方として、画像や図形、テキストなどのサイズ変更(リサイズ)方法をご紹介します。

Google図形描画とは、Googleの提供する無料の画像加工アプリで、オンラインで編集・保存までを完結できるため、非常に使い勝手の良い画像編集ツールです。

まだ使っていない方はぜひ試してみてください。

Google図形描画の概要(機能など)について、詳しくはこちら↓をご覧ください。

Googleの無料サービス、Google図形描画の機能を紹介をしています。画像の加工や編集が苦手な方でもすぐに使いこなすことができる操作性の高さなどを詳しく解説。
スポンサーリンク

画像のサイズ変更方法

まずは基本中の基本、画像のサイズ変更方法からまいりましょう。

画像の読み込み方法はこちらの記事「画像の読み込み&保存方法・Google図形描画マニュアル」を参考にしてください。

サイズを変更したい画像をクリックし、アクティブ(青枠で囲まれた状態)にします。

画像のサイズ変更 アクティブ

青枠の四隅にある点をドラッグ(クリックしたままマウスを移動)すると、画像の縦横比はそのままで大きさを変更できます。

画像のサイズ変更 拡大

純粋に画像サイズを変更した状態になりましたね。

画像のサイズ変更 拡大完了

一方、青枠の中間点をドラッグすると、画像の縦横比を変更することができます。

画像のサイズ変更 縦横比

この例では、横の中間点を拡大した場合です。

画像のサイズ変更 縦横比を横長に

横だけが拡大されたので、画像が横に引き伸ばされた形ですね。

特に人物や景色などの写真を加工する場合、縦横比はそのままでサイズを拡大縮小する機会の方が多いと思います。

Google図形描画が優れている点は、それを見越して、画像の四隅をドラッグしたときは縦横比が変わらない仕様になっています。

これで安心して画像のリサイズを行うことができますね。

テキストのサイズ変更方法

次はテキストのサイズ変更方法です。

Google図形描画でテキストを表示する方法は2種類あり、1つはテキストボックス、もう1つはワードアートです。

テキストボックスのサイズ変更方法

テキストボックスのサイズ変更方法は、上述の画像のケースとほぼ同じやり方となります。

サイズを変更したいテキストボックスをクリックし、アクティブ(青枠で囲まれた状態)にします。

テキストボックスのサイズ変更 拡大

青枠の四隅をドラッグすると、テキストボックス内のテキストはそのままで、テキストが表示される範囲の縦横比+大きさを変更できます。

テキストボックスのサイズ変更 拡大手順

青枠の中間点をドラッグすると、テキストボックスの縦横比を変更することができます。

テキストボックスのサイズ変更 中間点の拡大

ワードアートのサイズ変更方法

サイズを変更したいワードアートをクリックし、アクティブにします。

青枠の四隅をドラッグすると、ワードアートの縦横比+大きさを変更できます。

ワードアートのサイズ変更

青枠の中間点をドラッグすると、ワードアートの縦横比を変更することができます。

ワードアートのサイズ変更 中間点

ワードアートの場合、縦横比を変更するだけでも文字のイメージをかなり変えることができますし、フォントや色などの装飾によっても縦横比を変更する機会が増えると思うので、リサイズをするときには意識してみるといいでしょう。

図形のサイズ変更

次に、図形のサイズ変更の方法です。

Google図形描画には様々な形の図形が用意されていますが、サイズ変更の方法はワードアートとまったく同じやり方になるので、説明は省かせていただきます。

ワードアートと異なる点は、特定の記号において、部分的にサイズをカスタムすることができるようになることです。

例をいくつか挙げてみましょう。

図形のカスタマイズ例

やり方は、図形をアクティブにすると青枠が表示されますが、その中のオレンジ色のひし形のマークをドラッグするだけです。

このように、縦横比以外にも図形のバランスを変えることが可能なので、より多くの場面に対応することができるようになります。

サイズ変更をすると出てくる青いやつと赤いやつ

Google図形描画を使っていて、地味に「便利だわぁ」と感じる機能が、青いやつと赤いやつ=画像や図形のサイズ&配置を簡単に揃えられるガイドです。

大きさを簡単に揃えられる青いガイド

似たような画像や図形を並べる場合、この青いガイドのおかげで簡単に大きさをそろえることができます。

Google図形描画 青いやつ

この例では、左の画像の隣りに同じような画像を並べ、サイズを調整しているところ。

青枠の四角いマークをドラッグすると、縦や横の長さが一緒になったときだけこのように青いガイドが表示されるので、簡単にサイズを整えることができます。

配置を簡単に揃えられる赤いガイド

もうひとつの赤いガイドは画像や図形を移動する際、ドラッグすると表示されるものです。

Google図形描画 赤いやつ

この例では、左の画像の隣りにもうひとつの画像を並べようとしているところ。

横になった赤いガイドは隣りの図形と高さが同じ、縦になった赤いガイドはキャンバスの左右の中心であることを教えてくれています。

このように、この青と赤の2つのガイドは、最終的に保存された画像には決して写り込むことはありませんが、その存在は決して欠かすことのできない機能となっています。

まとめ

  • 画像のみ、青枠の四隅をドラッグで縦横比が維持される
  • ワードアートは縦横比でイメージが変わる
  • 特定の図形は縦横比以外もカスタマイズできる
  • 青と赤のガイドが作業効率を高めてくれる

いずれの方法も、対象物をアクティブにし、その枠をドラッグするだけという直感的な操作で変更できるため、ぜひこの使い勝手の良さを体験してください。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

フォローする