画像加工はブラウザで!Googleが提供するGoogle図形描画の使い方 | 真面目に遊んで生きてくレシピ

画像加工はブラウザで!Googleが提供するGoogle図形描画の使い方

どうも、お気楽画像エディターのゆんずです。

あなたは画像の加工、得意ですか?

もちろん、Webデザイナーなどの本職の方であれば朝飯前なんでしょうけど、僕のようなど素人にとってはとにかく難しくて面倒な作業なんですよね、画像の加工って。

今ではありがたいことに、無料でも高機能な画像加工ソフトがたくさん紹介されているのですが、僕が検索結果の画面を見て思ったのは「たくさんありすぎて迷うだけじゃね?」ってことです。

画像の加工がしたい

紹介しているサイト探し

それぞれのサイト内でソフト探し

比較検討に労力を使い、画像の加工前に疲れる

では本末転倒ですからね。

そこで、あなたが迷わなくていいように答えをひとつだけ用意しました。

この記事では、シンプルで使いやすく、必要最低限の画像加工が誰にでも簡単に、しかもブラウザで完結できる無料サービス「Google図形描画」をご紹介したいと思います。

ここで紹介するGoogle図形描画は、「そこまで高機能じゃなくていいからとにかく簡単に使いやすいものを探してます」という人向けのアプリケーションなので、文書を書くのは好きなんだけど、画像の加工はちょっと苦手で…という方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

直観的に使える

用途はなんにせよ、画像加工とかのツール類は「使いやすさ」ってのが何よりも大事だと僕は思うわけですよ。

使いにくさの例に出すのは申し訳ないですが、僕はGIMP2というフリーの画像編集ソフトを使うことがあります。

このソフト、高機能なのはいいんですが、初心者の僕にはとにかく使いにくくて、加工がなかなか思い通りに進まないんです。

少しこの画像を見比べてみてください。

Google検索ウィンドウ 上GIMP2 下Google図形描画

上がGIMP2、下がGoogle図形描画です。

どっちがどっちかわかりませんよね?

Googleの検索画面に文字と矢印を入れただけの同じような画像ですが、Google図形描画では90秒くらい、GIMP2だと7分以上かかりました。

背景画像を入れて、矢印書いて、文字書いて、っていうそんな複雑なことしてないんですけどね、たったこれだけで5分以上かかるんじゃ効率が悪いのです。

ブラウザで完結できる

画像加工ソフトにもいろいろなタイプがありますが、Google図形描画はブラウザだけで画像加工ができるアプリケーションです。

つまり、ブラウザさえ開けるオンラインの状況であれば、いつでもどこでもすぐに画像加工を始められるわけですね。

さらに、ブラウザだけで機能するため、「パソコンになにかを新たにインストールする」という必要もありません。

特にスペックの低いノートパソコンだと、アプリケーションなどの容量はなるべく抑えたいものですが、Google図形描画の場合、編集はブラウザで行い、編集した画像もオンラインストレージに保存するので、負荷がないのです。

自動で保存してくれる

Google図形描画 変更内容保存

Google図形描画の最大の特徴は、ブラウザ上で画像編集を行うことです。

Google図形描画の編集画面では、このように画像に加工を加えるたびに「保存しています」→「変更内容をすべてドライブに保存しました」を繰り返します。

つまり、作業中は常に最新の状態を自動的保存してくれるんです。

これって、とってもありがたいですよね?

加工をしていて、急に編集を中断しなければならなくなったときにすぐパソコンを閉じることができますし、前の続きから編集しようと思ったら「保存を忘れてた!」なんてうっかりな事態は起きなくなるわけです。

遠い過去までやり直せる

この画像は、Google図形描画の「版の履歴」です。

Google図形描画 版の履歴

版の履歴とは、さきほどの「変更内容をすべてドライブに保存しました」をクリックすると出てくるタイムマシンです。

Google図形描画では、これまでの変更履歴がすべて保存されているので、表示された日時をクリックすると、「その日時に自動的に保存された画像」を復元することができるのです。

この機能によって、数日前や数ヶ月前の画像も復元することができるため、遠い過去の画像を応用して編集することが可能になります。

パソコンに使用頻度の少ないファイルを溜めなくて済むようになるわけですね。

ファイルの共有が簡単

PCをする女性のイラスト テキスト「会社で 家で」

先ほどお話ししたように、Google図形描画のファイルはオンライン上に存在するため、他の人とファイルを共有することはもちろん、違うデバイスでファイルを共有することも簡単にできます。

ソフトをインストールする必要がないため、ネット環境さえ整っていれば、いつでもどこでもアクセスして編集できるGoogle図形描画の強みです。

このため、例えば会社や学校で行っていた画像編集を自宅で続きから、といった方法がとてもスムーズにできます。

一般の人が必要とする機能が揃っている

文字入れができる

Google図形描画 テキスト「文字入れが簡単にできる!!」

画像にテキストを表示させる文字入れ程度の加工ならすぐに終わります。

文字の色や大きさ、縦横のバランスはもちろん、枠の太さやグラデーション、影をつけたり、つけた影の濃さや色や角度を調整することも可能です。

ちなみに、上の画像は2~3分でできました。

様々な図形や矢印が用意されている

Google図形描画 テキスト「豊富な図形が用意されている!!」

このように、「図形」の項目には図形、矢印、吹き出し、計算式といった豊富な図形が用意されており、文字入れ同様にサイズ、色、影など様々なパターンの加工ができます。

表やグラフを作ることができる

Google図形描画 テキスト「表やグラフを作ることができる!!」

名簿やデータ表示などで欠かせない表やグラフですが、これもGoogle図形描画だと簡単に作ることができます。

グラフについてですが、やはりGoogleの無料サービスであるGoogleスプレッドシートと連動させることで修正も楽々です。

画像の読み込み、パソコンへの保存、Web上への公開が簡単

  • 画像の読み込みはD&Dで放り込むだけ
  • ファイルはパソコンに保存可能(JPEG,PNG,PDF,SVG)
  • ファイルをWeb上に簡単に公開することができる

画像の読み込みはドラッグ&ドロップでブラウザの編集画面に放り込むだけですし、ファイルはドライブ以外にもパソコンに簡単に保存できます。

そしてもうひとつ、Web上へのファイルの公開も可能です。

今では大半の人がスマホを使っていますよね。

Web上へのファイルの公開は、例えば学校や町内会からのお知らせをみんなで共有したいときに重宝する機能ですが、それもGoogle図形描画なら簡単にできます。

リンクを貼るか、リンクを埋め込むか選ぶことが可能です。

まとめ

  • 文字入れ
  • 矢印など豊富な図形
  • 表やグラフ
  • Web上への公開

これらの機能が無料で使えて、さらにブラウザ上で編集と保存が完結できるため、パソコンに対する負荷もなく、ファイルを簡単に共有できるのがGoogle図形描画です。

ただ、僕が何よりも1番おすすめするポイントは、誰にでも簡単に使える操作性の良さです。

僕の利用方法は主に、ブログのアイキャッチ画像や記事中の画像の加工ですが、Google図形描画のおかげで苦手だった画像加工を楽しめるようになりました。

以下のリンクで使い方を詳しく解説しているので、Google図形描画をぜひ使いこなしてみてください。

画像の読み込み&保存

Google図形描画の基本、画像の読み込みと保存の方法です。

画像の読み込み&保存方法・Google図形描画マニュアル

Google図形描画の使い方です。画像の読み込み、保存、Webへ公開する方法を詳しく解説しています。

サイズ変更

画像や図形のサイズを自由に変更する方法です。

画像や図形などのサイズ変更・Google図形描画マニュアル

Google図形描画の使い方です。この記事では、画像・テキストボックス・ワードアート・図形のサイズ変更方法をご紹介しています。

スクショの保存

パソコン画面の静止画であるスクリーンショットの保存方法です。

スクリーンショットを保存する方法・Google図形描画マニュアル

スクリーンショットを保存する方法を解説。Google図形描画を使うことによって、PC初心者でも簡単にスクリーンショットを保存することができるようになります。

順序の入れ替え

画像や図形の表示順序(手前から奥に、奥から手前など)を入れ替える方法です。

画像や図形の順序を入れ替える方法・Google図形描画マニュアル

Google図形描画の使い方です。画像や図形の表示順序の入れ替え方法を解説しています。

色の装飾

図形の本体や枠の色の調整など、装飾をする方法です。

図形の色を装飾する方法・Google図形描画マニュアル

Google図形描画の使い方。矢印などの図形の色を装飾する方法を具体的に解説しています。

影のつけ方

図形に影をつけて、つけた影を調整する方法です。

図形に影をつける方法・Google図形描画マニュアル

Google図形描画で影をつける方法をご紹介。図形だけではなく、画像など色々なものにも使えるテクニックなので、編集の幅を拡げることができます。

キャンバスサイズの変更

Google図形描画の編集画面、キャンバスサイズを変更する方法です。

キャンバスサイズの変更方法・Google図形描画マニュアル

Google図形描画の使い方です。キャンバスサイズの変更方法を2種類ご紹介しています。

半透明の帯を作る

Google図形描画の機能にはない図形を半透明にする方法です。

半透明の帯を作る方法・Google図形描画マニュアル

Google図形描画の使い方です。通常の使い方ではできない半透明の帯を作る方法をご紹介しています。

画像のトリミング

画像を切り抜くトリミングの方法です。

画像を切り抜く&好みのサイズで保存する方法・Google図形描画マニュアル

Google図形描画の使い方です。画像をトリミングする方法、さらに画像を任意のサイズに変更する手段をご紹介しています。
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

フォローする