ExactMetricsとは?Google Analytics Dashboard for WPとの深い関係

トラブル解決

先日、ブログのメンテナンスをしようとWordPressの管理画面にアクセスしたところ、見慣れないこんな表示が出現。

WordPressダッシュボードに現れたexactmetrics

「ExactMetrics」なんてプラグイン、インストールした覚えがない…。

しかも、管理画面の最上段、左側のメニュー内など実に4か所に「ExactMetrics」の文字を確認できる。

新型コロナウィルスが流行している今(2020年2月時点)、得体の知れないものが自分のテリトリー内で活動しているのは気持ちが悪い。

そこで今回は、ExactMetricsとはなにか、その概要と、突然現れたExactMetricsをどう対処したらいいかを備忘録として記録しておくので、もし同じ現象が起きた方はご参考にしていただきたい。

ExactMetricsの概要

まず、ExactMetricsをカタカナ表記で表すと、「イグザクトメトリクス」となる。

後半部分のMetricsはひょっとしてマトリックスと読み、あのキアヌ・リーブス主演映画のマトリックスとなにかしらリンクするものがあるのかと考えたのだが、映画の方は「Matrix」でスペルも意味も異なり、まったく関係なかったしどうでもいい情報なので本題に入ろう。

ExactMetricsとは、「Google Analytics Dashboard for WP」というプラグインを提供している企業である。

google analytics dashboard for wp by exactmetricsダウンロードページ

そう、すぐに気づいた方も多いだろうが、「ExactMetrics」という表示が現れた理由は、WordPressの管理画面にGoogleアナリティクスのデータを表示してくれるプラグイン「Google Analytics Dashboard for WP」のバージョンアップが絡んでいる。

深く調べていくと、今回のバージョン6.0にアップデートすることにより、今の状態(無料)のままだと使える機能が色々と制限され、すべての機能を使うためには有料版にする必要が出てくるということのようである。

ExactMetricsはなぜそのようなユーザーが離れる要素をアップデートに含めたのかは謎なのだが、こういったことはWeb関連サービスにおいてよく起こることなので素直に受け入れよう。

参考にさせていただいたのはこちらの2サイト。

WordPressでGoogle Analyticsのレポートをダッシュボードへ表示するプラグイン「Google Analytics Dashboard for WP」

[ExactMetrics]Google Analytics Dashboard for WP (GADWP)の代替は?PROの宣伝がひどい…

おそらく、ブログのアクセス解析にGoogleアナリティクスを導入している方は多いだろうし、その解析情報をWordPressの管理画面に表示してくれる「Google Analytics Dashboard for WP」というプラグインを導入している方も多いだろう。

しかし、冒頭の画像でもご紹介した通り、WordPressの管理画面や編集画面のあちこちにひょっこりと顔を出されるのは気になるし、私の場合、有料版にするほど機能を使いまわしているわけでもないので、これまで同様に無料で使うためにはどうしたらいいのか、その対処法を探っていこう。

対処法

ポップアップ内の✕を押してみる

まず、ポップアップはハッキリ言って邪魔なので、ポップアップを消してみる。

しかし、ポップアップの冒頭は「Important」という気になる単語で始まっている。

いくら英語力の低い私でも、「Important」の和訳が「重要」であることくらいはわかるので、念のため表示内容をGoogleの翻訳機能で訳してみた。

Important: You are currently using manual UA code output. We highly recommend authenticating with ExactMetrics so that you can access our new reporting area and take advantage of new ExactMetrics features.

重要:現在、手動のUAコード出力を使用しています。新しいレポート領域にアクセスし、新しいExactMetrics機能を利用できるように、ExactMetricsで認証することを強くお勧めします。

どうやら、ExactMetricsで認証することにより”新しい機能”が使えるらしい。が、普段PV数をチラ見する程度のライトな使い手である私だと、せっかくの”新しい機能”をもてあますことになってしまうため、いさぎよく右端の✕を押してみる。

exactmetricsのポップアップを消す

ポップアップが消え、有料版へのアップデートを催促するような新たな表示が現れることはない。

ダッシュボードのウィジェットから接続設定を行う

次に、ダッシュボード内のウィジェットには何と表示されているのか、和訳してみる。

website analytics is not setup

To see your website stats, please connect ExactMetrics to Google Analytics.

ウェブサイト分析が設定されていません

ウェブサイトの統計情報を確認するには、ExactMetricsをGoogleアナリティクスに接続してください。

どうやら、アナリティクスのデータを表示するには接続設定が必要のようで、ボタンにも「Setup Website Analytics(Webサイト分析のセットアップ)」という押しの一言が添えられている。

確かに、かつてアナリティクスのPV数などが表示されていたウィジェットの変わりにExactMetricsが表示されていることから、なにかしらの設定が必要なのだろう。

とっても手間だし気が乗らないが、「Setup Website Analytics」のボタンをクリックする。

アクセス先は英語サイトなので、Chromeブラウザの翻訳機能(ブラウザ内で右クリック→日本語に翻訳)を使って設定を行うことにしよう。

ステップ1

ExactMetrics設定1page

「ステップ1/4」とあるので、覚悟を決めて設定を進めていく。

ExactMetricsからのファーストクエスチョンはこれだ。

 

あなたのウェブサイトを最もよく表しているカテゴリはどれですか?

選択に基づいて、ExactMetricsの最適な設定をお勧めします。

私のサイトは「ビジネスウェブサイト」ではないし、「eコマース」のような通販サイトでもないので、真ん中の「出版社(ブログ)」を選択し、「保存して続行」をクリック。

ステップ2

 

ステップ2では、まずご覧のような怪しい日本語でアップレードへ誘導を迫ってくる。

 

ライセンスキー

ExactMetrics Liteを使用しています・ライセンスは不要です。楽しい!☺

価値のあるExactMetrics Liteユーザーとして、チェックアウト時に自動的に適用される50%オフを受け取ります。

理解に時間がかかりそうだが、この文章の下には「すべての機能のロックを解除してProにアップグレード」とあるので、無料で結構な私の選択肢ではないことがわかる。

ということで、下にある「ExactMetricsを接続する」をクリック。

 

ExactMetrics設定3page

Googleアカウントの選択画面になるので、接続したいアカウントを選択。

ここから、ExactMetricsとGoogleアカウントの接続許可の確認となる。

ExactMetricsアカウント許可page

念のため、下の4項目の詳細。

  • Googleアナリティクスの管理エンティティの編集(Googleアナリティクスの管理エンティティの表示、追加、更新、削除とレポートデータの表示
  • Googleアナリティクスデータの表示と管理(設定情報の表示と管理レポートの表示)
  • AdSenseデータを表示(AdSenseの広告クライアント、広告ユニット、チャネルの表示・AdSenseのパフォーマンスと収益のレポートの表示)
  • 確認済みサイトのSearchConsoleデータの表示と管理(SearchConsoleデータの表示と管理[サイトの管理、サイトマップの送信など])

すべてに許可をし次へ。

接続したいサイトの選択を選んだら、「安全な接続」をクリック。

これでボリューム満点のステップ2が終了。

ステップ3

 

ExactMetricsステップ4/3page

ステップ3では、ページ上部の「推奨設定」の文字通り、特に変更するべき要素がないのでサッとながめたら1番下の「保存して続行」をクリック。

ステップ4

WordPressダッシュボードexactmetrics設定済み直後

ステップ4といっても特にやるべきことはなく、「お疲れさまでした。」ということでWordPressのダッシュボードを開いてみる。

WordPressダッシュボードexactmetrics設定済み

なんだか、「前より見づらくなったよね」と言わざるを得ない残念な表示だが、一応これで無料のまま「Google Analytics Dashboard for WP」を使うことができるようになった。

わーいわーい。

まとめ

今回の要点をおさらいしておこう。

  • ExactMetrics(イグザクトメトリクス)の正体は、プラグインGoogle Analytics Dashboard for WPの作者
  • 「Google Analytics Dashboard for WP」はバージョン6.0から大きく仕様変更し、無料で利用できる機能がかなり減った
  • 「Google Analytics Dashboard for WP」を無料で利用するにはExactMetricsと新たに接続設定を行う必要がある
  • 装い新たな「Google Analytics Dashboard for WP by ExactMetrics」のデータ表示は見づらい

車とか、パソコンとか、「改良」されてくはずが「改悪」になってしまうパターンって時々見かけるけれど、今回はまさに後者のパターン。

なので、一応接続設定の方法は解説したけれども、むしろ「使わない」という選択肢も充分にありなのかも。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020
タイトルとURLをコピーしました