ホーネット250のエンジン音を満喫する動画集”No Talk,More Exhaust.”公開

No Talk,More Exhaust. ツーリング動画

最高出力40馬力を14000回転で絞り出し、レッドゾーンは16000~18000回転に設定されている超高回転型のバイク、ホーネット250。

カムギアトレインという独特の構造を持つホンダのバイクだが、この記事では、そんな爽快感抜群の4気筒250ccバイクのエンジン音を深く味わえる動画をご紹介。

言葉はいらない、バイクのリアルな音とそこから見える風景を堪能していただこう。

No Talk,More Exhaust.とは

今回立ち上げたこの企画、「No Talk,More Exhaust.」の一番の目的は、バイクのエンジン音のみを堪能することだ。

YouTubeが世に浸透した現在、バイクのツーリング動画もそれこそ溢れるほどにアップロードされ続けているが、純粋にエンジン音のみを楽しめる動画を探してみると、意外に数は少ない。

というのも、日本には世界に誇るバイクメーカーがいくつもある。

ホンダ、ヤマハ、カワサキ、スズキ。

各社がこぞって世に送り出す高性能な日本車は、モノづくり大国ニッポンを支える重要な存在だ。

そこで当ブログでは、そんな世界でもトップクラスのバイクメーカー・ホンダが生み出した名車、ホーネット250のエンジン音を可能な限り高音質で収録し、そのツーリングの様子を「しゃべりなし」でお届けしたいと考えた。

ヘルメットに装着したカメラから見えるリアルな景色、まるで血の通った生き物が呼吸するかのような生々しいエンジンの音と排気音。

重工業分野における日本の技術者が作り出した「至高のハーモニー」を、じっくりとご堪能いただこう。

なお、ヘッドホンやスマホ付属のイヤホン、あるいはサラウンドシステムを利用することによって、より一層動画を楽しむことができる。

加えて、動画内では自車の現在地がわかるようにGPS MAPも表示している。

No Talk,More Exhaust.

ここからは、それぞれの動画の見どころポイントや補足情報をご紹介する。

第1弾 横川の釜めしから碓氷第三橋梁めがね橋

「No Talk,More Exhaust.」シリーズの第1弾は、群馬県西部に位置する碓氷峠旧道を通るルートだ。

出発地は安中市松井田にあるおぎのや横川店(通称:横川の釜めし)、そこから国道18号を西へ進み、ゴールは約6km先の碓氷第三橋梁(通称:めがね橋)の駐車場。

旧道に入ってまもなく訪れる長い直線の街並みは、かつて中山道の宿場町として賑わった坂本宿で、元々集落がなかった土地を整備して作った宿場であるため、このような特徴的な構造をしている。

碓水バイパスの開通により最前線を退いた旧道ならではの荒れた舗装と、秋涼漂う森の奥深くへ足を踏み入れるバイクの音に注目だ。

【ヘッドホン推奨】250cc4気筒のエンジン音をひたすらに堪能する動画 ホンダ・ホーネット250で碓氷峠旧道・前編

第2弾 碓氷第三橋梁めがね橋から碓氷峠頂上

「No Talk,More Exhaust.」シリーズの第2弾は、前回立ち寄っためがね橋駐車場からさらに上へと峠道を登り、長野県との県境となる碓氷峠の頂上を目指す。

コケむした擁壁が迫る狭くて険しい道のりは、中山道の中でも屈指の難所であったことを容易く感じさせてくれる。

【ヘッドホン推奨】250cc4気筒のエンジン音をひたすらに堪能する動画 ホンダ・ホーネット250で碓氷峠旧道・後編

第3弾 碓氷峠頂上から中軽井沢

「No Talk,More Exhaust.」シリーズの第3弾は、碓氷峠の頂上から国道18号を西へなだらかに下り、中軽井沢の駅前までのルートとなる。

道中では、西日に浮かぶ日本有数の活火山・浅間山を眺めながらのツーリングとなる。

【バイクのエンジン音をただただ聞くだけの動画】ホンダ・ホーネット250で軽井沢ツーリング

第4弾 中軽井沢から北軽井沢

「No Talk,More Exhaust.」シリーズの第4弾は、浅間山をかすめるように軽井沢を北進するルートとなる。

国道18号「中軽井沢」の交差点を右折し、国道146号を北へ。

白糸の滝入口を通過し、北軽井沢が目的地だ。

木々の間から見え隠れする浅間山と、そのふもとに広がる日本有数の避暑地、軽井沢。

その街の賑わいは、流石といったところだろう。

【カムギアトレーンの音を楽しむ】ホンダ・ホーネット250で軽井沢ツーリング

第5弾 北軽井沢から東吾妻

「No Talk,More Exhaust.」シリーズの第5弾は北軽井沢町の国道146号を北上、その後吾妻渓谷を迂回する長野原バイパス、八ッ場バイパスを通過し東吾妻町へ至るルートとなる。

軽井沢の喧騒を逃れて長野原町へ到着し、そこからさらに人里離れた吾妻エリアへと踏み込んでいく今回のツーリング。

良くも悪くも国が作り上げた大自然の中を貫く豪華な人工物(バイパス)を、ありがたく堪能させていただこう。

2020年10月31日公開

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020
タイトルとURLをコピーしました